グループの事業内容 FALCO Group Business.

臨床検査事業

弊社発行のリーフレット一覧

案内No.をクリックしていただくと該当のリーフレットをご覧いただけます。

平成28年1月21日更新

案内No. 発行時期 検査項目
リーフレット タイトル
058 平成28年
1月
特異的IgE CAPシングルアレルゲン Hev b 6.02(ラテックス由来)
より正確なラテックスアレルギー診断のために
057 平成28年
1月
特異的IgE CAPシングルアレルゲン Gly m 4(大豆由来)
学童期以降、成人に多い大豆アレルギー診断に
056 平成28年
1月
ハンノキ特異的IgE
問診で口腔症状がある患者さんにはスギ・ヒノキに加えてハンノキ特異的IgEも測定しましょう。
055 平成27年
12月
HbA1c(NGSP)
糖尿病に関連する血液検査
054 平成27年
11月
NT-proBNP
(ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント)
糖尿病の方は心臓のチェックが必要です
053 平成27年
9月
M2BPGi(Mac-2結合蛋白(M2BP)糖鎖修飾異性体)
非アルコール性脂肪性肝疾患におけるM2BPGiと肝線維化ステージとの相関関係について
052 平成27年
8月
NT-proBNP
(ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント)
夜間血圧管理におけるNT-proBNPの有用性
051 平成27年
7月
TSHレセプター抗体(TRAb)
バセドウ病の診断の第一歩はTRAbを測定することです。
050 平成27年
6月
デノボHBs抗原 精密測定、デノボHBs抗体 精密測定、
デノボHBc抗体 CLIA法、
HBe抗原、HBe抗体、HBV-DNA定量TaqManPCR
免疫抑制・化学療法をうける方はB型肝炎検査が必要です
049 平成27年
6月
デノボHBs抗原 精密測定、デノボHBs抗体 精密測定、
デノボHBc抗体 CLIA法、
HBe抗原、HBe抗体、HBV-DNA定量TaqManPCR
化学療法・免疫抑制療法の実施には肝炎検査が重要です
048 平成27年
5月
淋菌 PCR 分泌物
クラミジアトラコマチス PCR 分泌物
子宮頸管のCT/NG検体採取セットにより細いスワブを、新たに追加しました。
047 平成27年
4月
M2BPGi(Mac-2結合蛋白(M2BP)糖鎖修飾異性体)
M2BPGiは、肝臓の線維化ステージの進展を反映する糖鎖マーカーです。
046 平成27年
4月
TARC
TARC(症例2件)
045 平成27年
1月
View アレルギー(View36)
感作アレルゲンのスクリーニングにView アレルギー
044 平成26年
11月
totalPⅠNP
骨形成マーカーPⅠNP ~ 骨粗しょう症患者のアドヒアランス向上に ~
043 平成26年
11月
Viewアレルギー(View36)
Viewアレルギー リーフレット3種
042 平成26年
11月
抗核抗体 半定量(ANA) 【FA法】
膠原病・自己免疫疾患が疑われたらスクリーニング検査に抗核抗体検査を
041 平成26年
10月
total PⅠNP
骨形成マーカーPⅠNP(Ⅰ型プロコラーゲン-N-プロペプチド)
040 平成26年
9月
特異的IgE CAPシングルアレルゲン 食物系
より安全でより正確な
ピーナッツ・小麦・卵アレルギー診療のために
039 平成26年
9月
View アレルギー(View36)
Product Catalog
View アレルギー
36の主要なアレルゲンに対する特異的IgE測定が一度の少量の採血でできる新しいアレルギー検査です。
038 平成26年
9月
T-SPOT 結核菌特異的IFNγ
・信頼のアッセイデザイン
・結核院内感染対策における役割・期待
・透析診療における役割・期待
037 平成26年
8月
高感度HBs抗原
「免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドライン」では「HBs抗原・HBc抗体およびHBs抗体の測定は、高感度の測定法を用いて検査することが望ましい」とされています。
036 平成26年
8月
TSH(甲状腺刺激ホルモン)
Free T4(遊離サイロキシン)
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(抗TPO抗体)
抗サイログロブリン抗体(抗Tg抗体)
眠気、寒がり、気力低下、高脂血症、皮膚の乾燥・・・
橋本病(慢性甲状腺炎)が隠れていませんか?
035 平成26年
8月
特異的IgE Ara h2(ピーナッツ由来)
より安全でより正確なピーナッツアレルギー診断のために
034 平成26年
7月
HPV-DNA 16型、18型、他ハイリスク型
〈医療従事者向け〉子宮頸がん情報サイトのご案内
033 平成26年
7月
HBs抗原 精密測定、HBs抗体 精密測定、HBc抗体
リウマチ性疾患患者への免疫抑制療法前に
HBV感染の診断と再活性化の予防のため
HBs抗原の測定をしましょう!
032 平成26年
7月
BAP(骨型アルカリフォスファターゼ)
骨形成マーカー 骨型アルカリフォスファターゼ(BAP)
骨粗鬆症のモニタリングにBAPをお勧めします
031 平成26年
6月
NT-proBNP(ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント)
高血圧患者におけるNT-proBNP測定の有用性
030 平成26年
5月
PSA(前立腺特異抗原)
臨床検査のススメ 前立腺がん PSA検査
029 平成26年
4月
抗GAD抗体
一見2型糖尿病。でも実は1型糖尿病?
028 平成26年
4月
TRACP-5b(骨型酒石酸抵抗性酸フォスファターゼ)
骨吸収マーカー トラップ ファイブ ビー TRACP-5b 骨型酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ
027 平成26年
1月
マトリックスメタロプロテイナーゼ-3(MMP-3)
関節リウマチ 早期治療のための臨床検査
026 平成25年
12月
HBs抗原 精密測定、HBs抗体 精密測定、HBe抗原、HBe抗体、HBc抗体、HBV-DNA定量 TaqManPCR
免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドライン(2013年版)
025 平成25年
12月
クラミジアトラコマチス PCR うがい液、淋菌 PCR うがい液
咽頭感染の有無。答えは"うがい液"が知っている。
024 平成25年
11月
TSH(甲状腺刺激ホルモン)、FreeT4(遊離サイロキシン)
更年期症状に出会ったら、甲状腺疾患との鑑別のためにTSH・FT4を測定することが重要です。
023 平成25年
11月
特異的IgE CAPシングルアレルゲン
ImmunoCAP特異的IgE検査をご愛顧頂いている先生方へ
022 平成25年
10月
NT-proBNP(ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント
CKD(慢性腎臓病)患者でのNT-proBNPの有用性 -透析患者の予後改善のために-
021 平成25年
10月
クラミジアトラコマチスPCR うがい液、淋菌PCR うがい液
性感染症の盲点は、のどでした。
020 平成25年
10月
TSH(甲状腺刺激ホルモン)、Free T4(遊離サイロキシン)
コレステロールが高い・・・生活習慣病?甲状腺疾患が隠れていませんか!?
019 平成25年
9月
TRACP-5b(骨型酒石酸抵抗性酸性フォスファターゼ)
CKD患者の骨代謝把握のために
018 平成25年
9月
TRACP-5b(骨型酒石酸抵抗性酸性フォスファターゼ)
骨粗鬆症の診断補助と的確な治療効果判定のために
017 平成25年
9月
TSH(甲状腺刺激ホルモン)、FreeT4(遊離サイロキシン)
心房細動に出会ったら、TSH、FT4を測定して甲状腺機能を確認することが重要です。
016 平成25年
7月
特異的IgE CAPシングルアレルゲン、CAPマルチアレルゲン
小麦アレルギーとアナフィラキシー
015 平成25年
7月
HPV-DNA 16型、18型、他ハイリスク型
HPV-DNA 16型、18型、他ハイリスク型 新規保険収載360点
HPV-DNA定性ハイリスク型検査が変わります!
014 平成25年
7月
抗GAD抗体
抗GAD抗体
013 平成25年
7月
インスリン抗体
インスリン抗体
012 平成25年
4月
マイコプラズマ・ニューモニエ核酸同定
マイコプラズマ肺炎検査の新しいスタンダードにLAMP法
011 平成25年
4月
T-SPOT 結核菌特異的IFNγ
結核感染診断、1本に極まる。
インターフェロン-γ遊離試験キット T-スポット.TB
010 平成25年
1月
ハンノキ特異的IgE、他
果物を食べて口がイガイガする患者さんには、スギ、ヒノキに加えハンノキ特異的IgEも測定しましょう。
009 平成25年
1月
クラミジアトラコマチス PCR うがい液、淋菌 PCR うがい液
意外に多い性感染症の咽頭感染。意外にも"うがい液"で検査できます。
008 平成25年
1月
クラミジアトラコマチス PCR 尿・分泌物・うがい液
淋菌 PCR 尿・分泌物・うがい液
cobas 4800システム CT/NGを開始します
007 平成24年
12月
抗好中球細胞質抗体(MPO-ANCA)、抗好中球細胞質抗体(PR3-ANCA)、抗糸球体基底膜抗体(抗GBM抗体)
急速進行性糸球体腎炎(RPGN)症候群/急性腎炎症候群 診断フローチャート
006 平成24年
11月
抗GAD抗体
1型糖尿病の診断に 抗GAD抗体
005 平成24年
11月
抗GAD抗体
1型糖尿病の診断に 抗GAD抗体
004 平成24年
11月
百日咳抗体【EIA法】
百日咳診断補助にはEIA法を推奨します
003 平成24年
11月
HTLV-Ⅰ抗体 (ATLA) CLIA法
2011年 妊婦健診の指針が改定されました! HTLV-1抗体検査が推奨レベルC→Aへ
002 平成24年
11月
TRACP-5b
骨粗鬆症の診断補助と的確な治療効果判定のために
001 平成24年
10月
eGFRcys
シスタチンCからのGFR推算式(eGFRcys)がCKD診療ガイド2012に掲載