便検体の採取法

検査に用いる便には一般的に新鮮な自然排泄便が望まれます。
ほかに浣腸便、採便管による便がありますが、浣腸便の場合はグリセリン部分を避けて採取してください。
また便器や洗浄水に接していない部分を採取してください。

注)詳細については、各検査項目のページをご確認ください。