血液検体の採取法

【1】採血前の準備

1.採血伝票(検査指示)で、検査項目、採血量を確認する。

2.採血管の用意及び患者名の記入

注) ・採血管には検査目的別にラベルが貼付されており、容器コードが印刷されています。
また、キャップの色によっても判別できるものもあります。
・検査項目により採取容器や添加剤を正しく使い分けることが重要です。
・検体ラベルには、貴院名、患者氏名、年齢、性別、採取日時を記入してください。

3.
 
患者様の確認(検体の取り違いに注意)
1)
2)
注)
患者ご本人であることを姓・名で確認する。
容器のラベルに記載された患者氏名と合っているかを確認する。
同姓同名や似通った名前には特に注意してください。(生年月日、カルテNo.、住所などにより確認)
 
4.
 
患者様への対応
1)
2)
3)

4)
5)
採血の前に「声掛け」で恐怖心を和らげ、気分や体調を観察する。
極度の緊張や衰弱時などには特に注意し、安静臥床で採血する。  
自信に満ちた対応で、不安感を与えない。
腕まくりなどで腕をしめつけない。(厚い上着などは脱いでいただく)
不安感の訴えや顔が青ざめてきたら、直ちに採血を中止する。
(足を高くしてベッドに寝かせ、血圧や脈拍などをチェックする)
 
5.採血管の使用順序
 複数の採血管に採血する場合は、以下の順序が推奨されます。これは各採血管の間での内容物のコンタミネーションによる検査値への影響を防ぐ意味があります。しかしながら、確実なエビデンスが得られているものは少ないため、個別の状況に応じ、検査項目の優先度などを考慮して順次を変更することは許容されます。
1) 真空採血の場合
(1)凝固検査用採血管
(2)赤沈用採血管
(3)血清用採血管
(4)ヘパリン入り採血管
(5)EDTA入り採血管
(6)解糖阻害剤入り採血管
(7)その他

または、

(1)血清用採血管
(2)凝固検査用採血管
(3)赤沈用採血管
(4)ヘパリン入り採血管
(5)EDTA入り採血管
(6)解糖阻害剤入り採血管
(7)その他

2) 注射器採血の場合(分注の順序)
(1)凝固検査用採血管
(2)赤沈用採血管
(3)ヘパリン入り採血管
(4)EDTA入り採血管
(5)解糖阻害剤入り採血管
(6)血清用採血管
(7)その他

5.に関する参考文献:標準採血法ガイドライン 2011年

 
【2】静脈採血上のポイント

1.血管の選び方

1)

注)


一般的な穿刺部位(図1を参照)

点滴中の場合:点滴をしている反対の腕から採血。 (点滴をしている同じ部位から採血した場合は、測定結果に影響を与える場合があります。)
留置針を入れている場合:留置針からの採血は避け、反対の腕から採血。 (針内のヘパリンが漏れて採血した血液に混入する可能性があるため)


2) 血管選びは、肘の外側部を走る血管が比較的太く、痛みが少なく、弾力があり、皮膚が柔らかく一般的です。

3) 血管の選定は、目で見て、触れて確かめる。

4) 血管がうまく見つからない場合
(1)腕を暖める。
(2)アームダウン(腕を心臓より低く下げる)
(3)手首から肘の内側を軽くマッサージする。
(4)人差し指と中指で採血部を軽くたたく。
注)以上の処置で血管を見出せない場合は、穿刺部位を前腕や手の甲へと変更する。


5) 弾力性・穿刺可能かを確認する。
(1)ご高齢者、穿刺回数の多い人は血管が固く、逃げやすい。(図2を参照)
(2)針の刺入は可能か、刺入する部分は蛇行していないか確認する。
(3)肘静脈の内側部は、神経の走行や痛点の分布が多いため、可能な限り避ける。


 
2.真空採血方式


1) 注射器による採血に代わって、真空採血方式が次のメリットなどにより繁用されています。





2)

(1)院内感染の危険防止。(血液に触れる危険性が回避できる)
(2)適切な量の採血や連続採血が可能。
(3)必要な採血管を差し替えるだけで複数の検査用採血が合理的に行える。
(4)注射器1本による大量採血より、患者の不安感は少ない。

真空採血管の使い方(図3を参照)

 
3.シリンジ採血による分注時の注意(図4を参照)


1)
 
シリンジより採血管へ分注する際は、プランジャーを強く押すと溶血の要因となりますのでご注意ください。
2) シリンジより採血管へ分注する際は、採血管とシリンジを寝かした状態でプランジャーを押すと、採血管の中の血液が逆流し、次に分注するものにコンタミネーションする可能性があります。その場合、検査データなどに影響を及ぼすことがありますので、採血管を試験管立等に立て、注射針を採血管のゴム部分に刺し、ゆっくりと注入してください。
3)
 
採血管のキャップを外して分注する場合は、針刺し事故防止のためシリンジから注射針を外した後、ゆっくりと注入し、別のキャップを用いて閉栓してください。
図4
 
4.採血針、ルアーアダプターS,ホルダーSの取り扱いについて(図5を参照)


1) ケースとキャップを両手で持って、軽くひねった後まっすぐに引いてください。
2) ケースやキャップをはずす時に、針やゴムキャップに触れないように気を付けて下さい。
3)


翼付採血セットは、ルアーアダプター部のキャップをはずす際、軽く押してからはずすようにしてください。
【注】キャップがゴムチップに触れるように開封するとキャップ内でゴムチップが引き伸ばされて針に引っかかり、採血時にゴムキャップが戻らず、血液もれを起こす可能性があります。
 
 
【3】シリンジ採血から真空採血管への分注時の注意

[採血量への影響]
1.


ガスケットの摺動抵抗により、規定の採血量が確保できない場合があります。
少量採血容器など、採血管の陰圧が弱い場合は、摺動抵抗の方が大きくなり、シリンジから血液を分注する途中で血液の流入が止まってしまう事があります。このような場合は、プランジャーをゆっくり押すと血液が分注できます。特にシリンジの容量が大きくなると摺動抵抗も大きくなります
2.



フィルムシールのゴム部に針を刺通させて採血する際は、速やかに刺通させてください。例えば、21G注射針(RB:レギュラーベベル)の場合、刃面長が3.9mmであり、それに対しフィルムシールのゴム部の肉厚は1.6mmと薄いため、採血した血液を分注する際に、速やかに刺通しないと、刃面から空気が混入する事があります。
【4】採血上の基礎知識

1.溶血の検査成績に及ぼす影響

健常人の血清ヘモグロビン(Hb)濃度は 1mg/dL以下とされ、肉眼的に血清中に溶血を検出できるのは、Hb 30〜50mg/dL 以上です。血液の35〜50%は赤血球からなり、各種の生化学成分は、その血球と血漿とにおける含有比から次の3種類に分けられます。(カッコ内は血球:血漿含有比)

1)

2)

3)
血球中と血漿中にほぼ同濃度に存在するもの
・グルコース、尿素、重炭酸塩、無機リン、総コレステロール
血球中濃度が血漿中濃度よりも高いもの
・カリウム(23倍)、LDH(200倍)、AST(80倍)、ALT(15倍)、ACP(67倍)
血球中濃度が血漿中濃度よりも低いもの
・ナトリウム(0.1倍)、クロール(0.5倍)、カルシウム(0.1倍)、LAP(0.2倍)、ALP(0.2倍)、 コレステロールエステル(0)、CK(0)


2.クレンチングによるカリウムへの影響

採血時、クレンチングを行うことにより、カリウム値が一時的に0.79mEq/L程度高くなるという報告があります。
クレンチングとは、血管の確認を行うために駆血帯をしたあとに、手のひらの開閉を繰り返し、静脈の怒張を促すことです。


3.未遠心分離血液による経時変化の影響

血清分離をしない未遠心分離血液は、保存条件(温度と時間の経過)により血清化学成分が著変を示す場合があります。(下図参照)
[血清採血用容器(A1)の取扱いについて]
1)遠心分離を行わない場合:常温保存(15〜25゜C前後)
2)遠心分離を行った場合:冷蔵保存(4〜10゜C前後)
注)
凍結の場合は遠心分離し血清をA−2容器に移し替えて凍結保存してください。
 
[アンモニア容器(G)の取扱いについて]
アンモニア検査は、特に経時変化の影響を受けやすいため、採取後は十分に転倒混和したのち、すみやかに遠心分離し上清をA2容器に移し替えて凍結保存してください。
 
【5】保管上の注意点

[保管温度について]
1. 真空採血管および採決針は、水ぬれに注意し、直射日光および高温多湿を避けて保存してください。
2.



真空採血管の管体はPET(ポリエチレンテレフタレート)製のため、熱には弱く50℃を超えると変形する可能性があります。
(50℃以上の温度下に放置した場合、採血管内部が陰圧状態になっているため、樹脂が軟化して内側が引っ張られたような形に変形することがあります。(下図参照))
3.
分離剤入り採血管は高温になると分離剤が流れることがありますので特にご注意ください。
 
【6】採血と分離法

1.採血時期

採血時期は、各種血液成分の日内変動、日差変動、薬剤の影響などを考慮して適当な採血時期を選ぶことが大切です。一般的には、早朝空腹時が望まれますが、測定成分によってはこだわる必要のないものもあります。軽い朝食の3〜4時間後には早朝空腹時に近似した値を示します。  


2.採血と血清分離

採血から血清分離までの操作は、検体の前処理中最も重要な部分で、この間に血球成分の影響を最小限におさえるように努力することが必要です。
血球成分の血清中への移行は、1)溶血、2)血球膜を通しての物質の出入り(K・Naなど)、3)血球代謝に伴う物質の移動(赤血球解糖による乳酸、ピルビン酸の血清中への移行、グルコースの血球中への移動)などで起きます。これらを防ぐためには、溶血を避け、できるだけ速やかに血清を血球成分から分離することが重要です。 血清採取用容器(A1容器)は、血清分離剤が入っていますので、遠心分離の上ご提出ください。


血清分離
(1)血液は血清必要量の約3倍を目安として採血してください。
(2)採取後、5〜6回ほど静かに転倒混和したのち約30分常温に静置してください。
(3)遠心器で2500〜3000rpm、5〜10分間(1200G×10分以上または1600G前後×5分以上)遠心してください。
(4)上清をA2容器に分取してください。(分離剤で分離した状態より望ましい)
(5)保存条件は保存条件欄をご参照ください。


【7】採血量に対する採血管の要因

[真空採血の原理]
 
真空採血管は、採血管内外の圧力の差により吸引される性質があります。採血が終了するのは、血管内と採血管内の圧力が平衡になったときであり、さまざまな要因が採血量に影響を及ぼします。
 
真空採血管はプラスチック製であり、ごく僅かに空気の出入りがあります。
したがって、製造日から経過するにしたがって採血量は少なくなってきます。生産直後は規定量よりも若干採血量が多めになり、使用期限間際には少なめとなります。
使用期間内であれば採血量はプラスマイナス10%の範囲になっています。(下図は3mL採血品のイメージ)