ただいま更新準備中です。掲載内容は、2019年1月時点の情報となります。

臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

ALT(GPT)

alanine aminotransferase (glutamic pyruvic transaminase) 

分類 生化学的検査 - 酵素活性検査
検査コード 0071-000000
JLAC10 3B045-0000-023-272-01 
検体量 血清 0.6mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 1~2 
検査方法 JSCC標準化対応法  基準値 4~43  
U/L
実施料 17点  判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT) 

臨床的意義

・ ASTは心筋、肝、骨格筋などに比較的多量に存在し、ALTは肝、腎に多く存在します。
・ 血清中のAST、ALTの活性は、これら臓器の傷害による血中への逸脱によるもので、由来臓器・傷害の程度を評価することができます。
・ ASTにはs-ASTとm-AST(m-GOT)2 つのアイソザイムが存在しています。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝腫瘍、脂肪肝、胆汁うっ滞、アルコール性肝炎、劇症肝炎、伝染性単核症

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る