ただいま更新準備中です。掲載内容は、2019年1月時点の情報となります。

臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

マグネシウム(Mg) 尿

magnesium, urine 

分類 生化学的検査 - 電解質検査
検査コード 0374-000000
JLAC10 3H025-0000-004-271-01 
検体量 蓄尿 1.0mL  採取容器 U1
保存条件 冷蔵  所要日数 1~2 
検査方法 キシリジルブルー法  基準値 0.02~0.13  
g/day
実施料 11点  判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 マグネシウム 

臨床的意義

・マグネシウムは、細胞内に多く存在する無機物です。生体内においては、50~60%が骨に、約25%が筋肉に、残りは他の軟部組織に存在します。血清中には総量の1%弱が存在します。
・RNAやDNAの合成反応、神経・筋における情報伝達などに働きます。
・飲食物により摂取され、血中に入ったものは主として腎から排泄され、その排泄量は血中濃度に左右されます。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:急性腎不全の利尿期、原発性アルドステロン症、副甲状腺機能低下症、高Ca血症、糖尿病
・異常低値:急性腎不全、慢性腎不全、脱水、重症糖尿病性ケトアシドーシス、低アルドステロン症、アルコール中毒症

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る