ただいま更新準備中です。掲載内容は、2019年1月時点の情報となります。

臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

浸透圧 尿

osmolarity, urine 

分類 生化学的検査 - 電解質検査
検査コード 0377-000000
JLAC10 3H045-0000-001-902-01 
検体量 尿 2. 0mL  採取容器 U1
保存条件 冷蔵  所要日数 1~3 
検査方法 氷点降下法  基準値 50~1300  
mOsm/Kg・H2O
実施料 16点  判断料 尿・糞便等検査(34点) 
保険収載名 尿浸透圧 

検体取扱・備考

(通常) 500~800 mOsm/kg・H2O

臨床的意義

・血清浸透圧は生理的条件下では狭い範囲に厳密に調整されています。
・その調節は口渇および抗利尿ホルモン(ADH)の分泌を介して行われます。
・体液の濃縮、希釈の状態を知ることができ、的確な判断のためには、血清・尿の浸透圧を同時に測定します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:ADH分泌異常症候群(SIADH)、脱水、副腎不全
・異常低値:尿崩症、心因性多飲症、慢性腎不全、間質性腎不全、腎性尿崩症、シェーグレン症候群、アミロイドーシス、多発性骨髄腫

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る