臨床検査項目の検索結果

銅(Cu) 血清

copper, serum 

分類 生化学的検査 - 金属検査

検査コード 0395-000000
JLAC10 3I025-0000-023-271-01 
検体量 血清 0.5mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 1~3 
検査方法 比色法  基準値 71~132    
μg/dL
実施料 23点 判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 銅(Cu) 

臨床的意義

・銅は、須微量金属で、銅酵素や蛋白質の重要な構成成分です。
・骨代謝や造血などに重要な役割を果たしています。
・銅は小腸上部から吸収され、血中では90%以上がセルロプラスミンと結合、残りはアルブミンやアミノ酸と結合しています。
・セルロプラスミンと結合した銅は胆汁を通じて便中に排泄され、アルブミンに結合した銅は腎臓から尿中に排泄されます。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:感染症、肝疾患、胆道閉鎖症、副腎不全、Basedow 病、悪性腫瘍、鉄欠乏性貧血
・異常低値:Wilson 病、Menkes 症候群、ネフローゼ症候群、Cushing病、蛋白漏出性胃腸症、栄養不良、ステロイド使用中、ペニシラミン使用中

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数