ただいま更新準備中です。掲載内容は、2019年1月時点の情報となります。

臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

アンモニア(NH3

ammonia 

分類 生化学的検査 - 含窒素成分検査
検査コード 0442-000000
JLAC10 3C040-0000-031-271-01 
検体量 除蛋白上清液 2.0mL  採取容器 G
保存条件 凍結  所要日数 1~2 
検査方法 奥田・藤井変法  基準値 30~130  
μg/dL
実施料 50点  判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 アンモニア 

検体取扱・備考

[検体採取上の注意]
リンタングステン酸Na溶液4.0mL(G容器)に血液1.0mLを混合し十分に転倒混和したのち、速やかに遠心分離して上清をA2容器に移し替え、凍結保存してご提出ください。

臨床的意義

・アンモニアは、アミノ酸の代謝産物の1つで、肝、腸管、腎で産生されます。
・有害な物質で、特に中枢神経に強く働き、意識障害の原因となります。
・肝で処理され、尿素として体外に排泄されます。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:肝性昏睡、肝不全、劇症肝炎、肝硬変末期、門脈-体循環シャント、尿毒症、胎児赤芽球症、Reye 症候群、出血性ショック
・異常低値:低蛋白食摂取時、貧血

検査値に影響を及ぼす要因

・除蛋白不良や室温放置でデータが上昇する
・専用採血管内の除蛋白液と血液を十分混和し、速やかに遠心後、上清分離・凍結し提出するのが望ましい
・凍結できない場合は除蛋白後できるだけ早く冷蔵する

結果一覧へ戻る