臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

ビタミンA

vitamin A (retinol) 

分類 生化学的検査 - ビタミン検査
検査コード 0609-000000
JLAC10 3G015-0000-023-204-01 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 必凍  所要日数 6~13 
検査方法 HPLC法  基準値 27.2~102.7  
μg/dL
実施料 0点  判断料 なし 

検体取扱・備考

[検体取扱い上の注意]
遮光保存してください。

別称:レチノール

臨床的意義

・ビタミンA は、脂溶性ビタミンの1つです。一般的にはレチノールのみをさしています。
・動物の成長、視覚に必須の物質で、生殖機能の維持、骨形成、上皮組織を正常に保ち、免疫機構を維持するビタミンです。ヒト組織内では主に眼と肝に存在します。
・β-カロチンは、ビタミンA の前駆体の代表で、ニンジンやカボチャなどに多く含まれています。
・摂取したビタミンA は肝に取り込まれ貯蔵されます。必要に応じて肝で合成されるレチノール結合蛋白と結合し、血中に放出されます。
・肝障害では肝にビタミンA が存在してもレチノール結合蛋白の産生が低下し、ビタミンA欠乏となります。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:ビタミンA 過剰症、過栄養性脂肪肝、高脂血症、腎不全、甲状腺機能低下症
・異常低値:ビタミンA 欠乏症、吸収不良症候群、肝疾患(過栄養性脂肪肝を除く)、閉塞性黄疸、甲状腺機能亢進症、感染症、外傷

検査値に影響を及ぼす要因

・紫外線、酵素との接触で分解され低値となるため、遮光・凍結保存する

結果一覧へ戻る