ただいま更新準備中です。掲載内容は、2019年1月時点の情報となります。

臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

葉酸

folic acid 

分類 生化学的検査 - ビタミン検査
検査コード 0615-000000
JLAC10 3G105-0000-023-051-01 
検体量 血清 0.7mL  採取容器 A1
保存条件 凍結  所要日数 2~4 
検査方法 CLIA法  基準値 2.4~9.8  
ng/mL
実施料 158点  判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 葉酸 

検体取扱・備考

溶血により高値傾向を示します。 

臨床的意義

・葉酸は、ビタミンB複合体の1つです。
・核酸合成に関与し生命維持に重要なビタミンであるため、欠乏した場合は、血液細胞、腸管粘膜細胞など分裂増殖の盛んな細胞系に多大な影響を及ぼします。
・肝臓、腎臓、酵母、牛肉、小麦、キノコ、大豆などの中に主に多く含まれています。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:葉酸剤投与
・異常低値:葉酸欠乏による巨赤芽球性貧血、先天性葉酸吸収不全症、高ホモシステイン症、葉酸代謝拮抗剤(メトトレキサート、ジフェニルヒダントインなど)、アルコール常用

検査値に影響を及ぼす要因

・溶血により高値傾向

結果一覧へ戻る