ただいま更新準備中です。掲載内容は、2019年1月時点の情報となります。

臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

寒冷凝集反応

cold agglutination 

分類 免疫血清学的検査 - 感染症関連検査
検査コード 0816-000000
JLAC10 5E105-0000-023-102-05 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 2~4 
検査方法 HA法  基準値 64 未満  
実施料 11点  判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 寒冷凝集反応 

検体取扱・備考

[検体取扱い上の注意]
血清分離が不可能な場合、20゜C以下に冷やさず未遠心分離のまま当日中にご出検ください。

臨床的意義

・寒冷凝集反応は、患者血清から冷式の赤血球自己抗体である寒冷凝集素を検出し、凝集素価を求める検査です。
・基本的にはマイコプラズマあるいは他のウイルス性疾患の鑑別ならびに自己免疫性溶血性貧血の鑑別に利用されます。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常値:マイコプラズマ肺炎、伝染性単核症、サイトメガロウイルス感染症、マクログロブリン血症、寒冷型自己免疫性溶血性貧血、悪性リンパ腫、慢性リンパ性白血病など

検査値に影響を及ぼす要因

・採血から血清分離の間は37℃に保たないと、活性が落ちる

結果一覧へ戻る