臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

マイコプラズマ抗体(マイコプラズマ・ニューモニエ抗体)  【CF法】

Mycoplasma pneumoniae antibody 

分類 免疫血清学的検査 - 感染症関連検査
検査コード 0818-000000
JLAC10 5E106-0000-023-141-05 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 5~8 
検査方法 CF法  基準値 4 未満  
実施料 32点  判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 マイコプラズマ抗体半定量 

臨床的意義

・肺炎マイコプラズマM.pneumoniaeは、主に呼吸器感染症を起こし、特に非定形型肺炎の原因菌として重要です。4~5歳の小児から30歳代の成人への感染が多く、ヒトからヒトへ飛沫感染するため、学校や職場で流行が見られる場合があります。
・一般的に、ペア血清にて抗体価の上昇を証明する血清学的診断法が、特異性が高く実用的な方法として実施されています。
・PA法は、主にIgMクラスの抗体を測定しており、発症後1週目より上昇し、2~6週でピークに達し、以後急速に低下します。
・CF法は、主にIgGクラスの抗体を測定しており、7~10日目より上昇し、3~4週でピークに達し、以後徐々に低下します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常値:マイコプラズマ肺炎、マイコプラズマ感染症による合併症発症時

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数

注 釈 マイコプラズマ抗体定性、マイコプラズマ抗体半定量、マイコプラズマ抗原定性(免疫クロマト法)又はマイコプラズマ抗原定性(FA法)を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。

結果一覧へ戻る