臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

クリオグロブリン

cryoglobulin, qualitative 

分類 免疫血清学的検査 - 免疫グロブリン
検査コード 1216-000000
JLAC10 5A160-0000-023-920-11 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 6~8 
検査方法 ゲル内拡散法  基準値 (-)  
実施料 42点  判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 クリオグロブリン定性 

検体取扱・備考

[検体採取上の注意]
採血時から血清分離までの間は、37゜Cの状態で行ってください。

臨床的意義

・クリオグロブリンは、血清を37℃以下に放置すると白色沈殿や、ゲル化するなど、異様なサンプル外観を呈する変化をきたす蛋白です。
・37℃以上に加熱すると、これらの異常沈殿は再溶解します。
・本現象が見られる状態をクリオグロブリン血症と呼びます。
・普段は無症状でも、寒冷環境で実際に生体内にクリオグロブリンが生成されると、レイノー症状などの末梢循環障害を呈する場合があります。

異常値を示す主な疾患・状態

C型肝炎、リンパ球・形質細胞の腫瘍性疾患(多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫)、自己免疫性疾患(SLE、Sjogren 症候群、関節リウマチなど)、感染症、その他基礎疾患不明のもの

検査値に影響を及ぼす要因

・採血後、検体を低温にするとクリオグロブリンが析出してしまい、遠心分離時に沈殿するため偽陰性となる
・採血時から血清分離までの間は、37℃の状態で行う

結果一覧へ戻る