臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

直接クームス

direct antiglobulin test 

分類 免疫血清学的検査 - 免疫血液学検査
検査コード 1302-000000
JLAC10 5H121-0000-018-101-11 
検体量 全血 1.0mL  採取容器 A2
保存条件 常温  所要日数 1~2 
検査方法 試験管法  基準値 (-)  
実施料 34点  判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 Coombs試験 イ 直接 

検体取扱・備考

[検体取扱い上の注意]
全血のまま採血当日中にご出検ください。

臨床的意義

・直接クームス試験は、赤血球表面に結合している免疫グロブリンや補体成分を検出する検査法です。

異常値を示す主な疾患・状態

・陽性を示す主な疾患・状態:温式抗体による自己免疫性溶血性貧血(特発性、続発性)、寒冷凝集素症、発作性寒冷ヘモグロビン尿症、同種免疫性溶血性貧血(不適合輸血、新生児溶血性疾患)、薬物誘発性免疫性溶血性貧血

検査値に影響を及ぼす要因

・冷蔵しないこと
・検体に寒冷凝集素が存在する場合は、寒冷凝集素と補体が赤血球に吸着し偽陽性を示すため、常温保存する

結果一覧へ戻る