臨床検査項目の検索結果

抗ss-DNA抗体 IgG

anti-single stranded DNA immunoglobulin G 

分類 免疫血清学的検査 - 自己免疫関連検査

検査コード 1333-000000
JLAC10 5G026-0000-023-023-01 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 4~6 
検査方法 FEIA法  基準値 7.0 未満 陰性
判定基準:   基準値関連  
U/mL
実施料 163点 判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 抗DNA抗体定量 

臨床的意義

・抗DNA抗体は、染色体の主成分であるDNAに対する自己抗体で、1本鎖(single strand:ss)DNAに対する抗体と、2本鎖(double strand:ds)DNAに対する抗体があります。
・抗ss-DNA IgG抗体でも非活動期と比較し活動期SLE で高値を示すといわれ、SLE の腎症(特にループス腎炎)において抗ds-DNA IgG 抗体が低値でも、抗ss-DNA IgG 抗体が高値を示すものが多いといわれています。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:全身性エリテマトーデス(SLE)、強皮症など他の膠原病、慢性肝炎、伝染性単核症などの感染症

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし