臨床検査項目の検索結果

HTLV-I DNA(クロナリティ)

human T cell leukemia virus type I provirus DNA 

分類 遺伝子関連検査 - ウイルス

検査コード 1571-000000
JLAC10 5F455-1440-019-831-49 
検体量 全血 7.0mL  採取容器 E1
保存条件 冷蔵  所要日数 20~27 
検査方法 サザンブロットハイブリダイゼーション法  基準値    
実施料 0点 判断料 なし 

検体取扱・備考

[検体採取上の注意]
遺伝子検査はコンタミネーションによる影響を受けるため、重複依頼は避けてください。
なお、検体採取後の容器は、開栓しないでください。
検体は凍結保存しないでください。

臨床的意義

・本検査は、ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-Ⅰ)のプロウイルス感染細胞のクロナリティをサザンブロット・ハイブリダイゼーション法により解析する検査です。
・成人T細胞白血病ではHTLV-Ⅰ感染細胞の1つのクローンが癌化してモノクローナルに増殖するため、1本のバンドパターンとして検出されます。
・一方、キャリアなどでは、ポリクローナルに存在し、感染細胞も少ないため、バンドが検出されません。
・検出されるパターンによってキャリアか、発症者かを鑑別します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常値:成人T細胞白血病

検査値に影響を及ぼす要因

・化学療法など細胞数が減少している場合は、必要量のDNAが抽出できない場合があります。