臨床検査項目の検索結果

レチノール結合蛋白(RBP)

retinol binding protein 

分類 免疫血清学的検査 - 血漿蛋白関連検査

検査コード 1699-000000
JLAC10 5C030-0000-023-062-01 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 4~6 
検査方法 ラテックス凝集比濁法  基準値 男:2.7~6.0
女:1.9~4.6    
mg/dL
実施料 136点 判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 レチノール結合蛋白(RBP) 

臨床的意義

・レチノール結合蛋白は、肝で合成される分子量約2.2万、半減期16時間の糖蛋白です。
・レチノール(ビタミンA)を結合し運搬する機能を有します。
・肝で合成され、半減期が短いため、プレアルブミンと同様、栄養状態や肝の蛋白合成能を速やかに反映するマーカーとして利用されます。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:腎不全、脂肪肝
・異常低値:ビタミンA欠乏症、低栄養状態(外科手術後、栄養摂取不足、腸管吸収障害)、肝機能障害(急性または慢性活動性肝炎、肝硬変)

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし