臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

アンチトロンビン活性(AT)

antithrombin (AT) 

分類 血液学的検査 - 凝固・線溶系検査
検査コード 1993-000000
JLAC10 2B200-0000-022-315-01 
検体量 血漿 0.3mL  採取容器 C
保存条件 凍結  所要日数 1~3 
検査方法 発色性合成基質法  基準値 80~130  
実施料 70点  判断料 血液学的検査(125点) 
保険収載名 アンチトロンビン活性 

臨床的意義

・アンチトロンビンⅢは血液凝固・線溶検査の一つです。
・凝固阻止因子の代表的なものであり、分子量約5.8万で、肝で合成される1本鎖の糖蛋白です。
・作用は、活性化凝固因子(トロンビン、ⅩⅡa、ⅩⅠa、Ⅹa、Ⅸa)との不可逆的結合により、それらを失活させます。特にトロンビン、Ⅹaに対する作用は重要です。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:播種性血管内凝固症候群(DIC:特に線溶優位型の症例)、血栓性疾患(静脈血栓、肺梗塞、外科手術、重篤な外傷など)、劇症肝炎、肝硬変、慢性肝炎、新生児など、ネフローゼ症候群、蛋白漏出性腸疾患、先天性AT-Ⅲ欠乏症、妊娠、エストロゲン治療、経口避妊薬

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る