臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

プロテインS活性

protein S activity 

分類 血液学的検査 - 凝固・線溶系検査
検査コード 2031-000000
JLAC10 2B710-0000-022-311-01 
検体量 血漿 0.4mL  採取容器 C
保存条件 必凍  所要日数 4~8 
検査方法 凝固時間法  基準値 64~149  
実施料 170点  判断料 血液学的検査(125点) 
保険収載名 プロテインS活性 

検体取扱・備考

[検体取扱い上の注意]
採血後、速やかに血漿分離して、凍結保存してください。

臨床的意義

・プロテインSは、ビタミンK依存性に肝で合成され、約40%は遊離型として、残りの60%が補体系制御因子であるC4b結合蛋白質と結合しています。
・生物学的活性を有するのは、遊離型のプロテインSです。
・プロテインS抗原量はプロテインSの量的異常を、プロテインS活性はプロテインSの質的異常を調べるために検査します。
・臨床的には、先天性プロテインS欠乏症が重要で、これには抗原量、活性値、遊離プロテインS抗原量すべてが低下するタイプⅠ、活性値のみが低下するタイプⅡ、遊離型プロテインS抗原量と活性値が低下するタイプⅢが存在します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常低値:先天性プロテインS欠乏症(タイプⅠ、Ⅱ、Ⅲ)、肝細胞障害、抗ビタミンK製剤投与、胆道系疾患、抗生物質長期投与、新生児期、L-アスパラギナーゼ投与、妊娠、経口避妊薬常用

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る