臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

ペプシノゲンⅠ・Ⅱ(LA法)

pepsinogen I・II 

分類 内分泌学的検査 - 膵・消化管機能検査
検査コード 2348-000000
JLAC10 3B340-0000-023-062-01 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 1~3 
検査方法 ラテックス凝集比濁法  基準値  基準値関連 
実施料 0点  判断料 なし 

臨床的意義

・ペプシノゲンは、ペプシンの前駆体で99%は胃内腔に放出され、1%が血中に流入します。
・ペプシノゲンⅠは、胃底腺領域で産生され、ペプシノゲンⅡは胃粘膜全域で産生されます。
・血清ペプシノゲンは胃粘膜の萎縮を反映して低下するため、ペプシノゲンⅠ、ペプシノゲンⅠ/Ⅱ比を指標として、胃癌ハイリスク要因である萎縮性胃炎を同定できます。
・ただし、現在、未保険の項目であるため、主に検診や人間ドックの現場で使用されています。

異常値を示す主な疾患・状態

ペプシノゲンⅠ
・異常低値:悪性貧血、萎縮性胃炎、胃腺腫、胃癌、胃切除後
・異常高値:十二指腸潰瘍、胃・十二指腸並存潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、腎不全、出血性胃びらん・潰瘍、急性胃粘膜病変、プロトンポンプインヒビター(PPI)服用
ペプシノゲンⅡ
・異常低値:萎縮性胃炎、胃切除後
・異常高値:十二指腸潰瘍、胃切除後、胃・十二指腸へ異存潰瘍、Zollinger-Ellison 症候群、腎不全、出血性胃びらん・潰瘍、急性胃粘膜病変、プロトンポンプインヒビター(PPI)服用

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る