臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

セロトニン(5-HT)

serotonin (5-hydroxytryptamine) 

分類 内分泌学的検査 - 副腎髄質機能検査
検査コード 2492-000000
JLAC10 4E065-0000-022-204-01 
検体量 血漿 1.5mL  採取容器 E1
保存条件 必凍  所要日数 5~10 
検査方法 HPLC法  基準値 0.04~0.35  
μg/mL
実施料 0点  判断料 なし 

検体取扱・備考

[検体取扱い上の注意]
採血後、速やかに1500rpm、10分間、4゜Cで冷却遠心して血漿分離し凍結保存。

臨床的意義

・セロトニンは、インドールアミンの一種で、血管や気管支などの平滑筋収縮、消化管の機能調節、血小板凝集作用など多彩な作用を示す他、中枢神経系では神経伝達物質としての役割を有しています。
・セロトニンは代謝されて主に5-HIAAとなり尿中に排泄されまので、同時に測定することで、末梢のセロトニンの動態及び病態を知ることができます。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:カルチノイド、片頭痛(発作直前)、脳性麻痺、ダンピング症候群
・異常低値:フェニルケトン尿症、精神発達遅延

検査値に影響を及ぼす要因

・不安定なため、血漿は直ちに冷却遠心分離し、凍結保存が必要
・溶血で低値傾向

結果一覧へ戻る