臨床検査項目の検索結果

髄液一般検査 細胞数

cell count, cerebrospinal fluid 

分類 一般検査 - 髄液検査

検査コード 3125-000000
JLAC10 1C030-0000-041-920-01 
検体量 髄液 0.5mL  採取容器 U2
保存条件 冷蔵  所要日数 1~3 
検査方法 Fuchs-Rosenthal法  基準値 15/3 以下    
/μL
実施料 62点 判断料 尿・糞便等検査(34点) 
保険収載名 髄液一般検査 

検体取扱・備考

抗凝固剤(ヘパリン)の使用は避けてください。

髄液一般検査全体を依頼する場合はコード3124でご依頼ください。

臨床的意義

・髄液中の細胞数は健常者では1μL中0~2個で、5 個までは限界値、6個以上は細胞増加です。通常、20個までを軽度、20~50個を中等度、50個以上を高度増加とします。細胞数増加は種々の場合に見られますが、特に髄膜の炎症性疾患においては必発の症状であり、診断上重要な意義があり、常に蛋白の増加を伴います。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:ウイルス性髄膜炎、化膿性髄膜炎、結核性髄膜炎、脳腫瘍など

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし