臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

穿刺液一般検査(細胞数,細胞分類,リバルタ反応,比重)

puncture fluid 

分類 一般検査 - 穿刺液検査
検査コード 3159-000000
JLAC10 1Z000-0000-040-920-00 
検体量 漿膜腔液(胸水、腹水) 5. 0mL  採取容器 U2
保存条件 冷蔵  所要日数 1~3 
検査方法 細胞数:Fuchs-Rosenthal法,細胞分類:May-Giemsa重染色法,リバルタ反応:リバルタ反応法,比重:屈折計法  基準値   
実施料 0点  判断料 なし 

検体取扱・備考

胸水、腹水、(心膜液)をご提出ください。

[検査方法]
細胞数:Fuchs-Rosenthal法
細胞分類:May-Giemsa重染色法
リバルタ反応:リバルタ反応法
比重:屈折計法

臨床的意義

・胸腔、腹腔、心嚢腔には、正常時にも少量の漿液が存在し、腔内臓器との摩擦を軽減しています。腔壁の循環障害、栄養障害、炎症、悪性腫瘍浸潤などにより、これが多量となった病的状態が、胸水、腹水、心嚢水です。
・胸水・腹水は漿液性のものが多く、その成因から漏出液と滲出液に大別され、その鑑別が重要です。
・悪性腫瘍浸潤を疑う場合は、細胞分類にて異常細胞の有無を検索します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常所見:うっ血性心不全、ネフローゼ症候群、肝硬変、結核、悪性腫瘍、炎症性疾患など

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る