臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

穿刺液蛋白定量

protein, quantitative, puncture fluid 

分類 一般検査 - 穿刺液検査
検査コード 3168-000000
JLAC10 1Z010-0000-040-271-01 
検体量 漿膜腔液(胸水、腹水) 1.0mL  採取容器 U2
保存条件 冷蔵  所要日数 1~4 
検査方法 ピロガロールレッド法  基準値   
mg/dL
実施料 11点  判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 総蛋白 

検体取扱・備考

胸水、腹水、(心膜液)をご提出ください。

臨床的意義

・胸水:蛋白の濃度は漏出液と滲出液の鑑別に最も有用です。
蛋白3.0g/dLあるいは4.0g/dL以上で、リバルタ反応陽性を滲出液、蛋白2.0g/dL以下を漏出液とするという報告もありますが、中間値の判定の問題もあり、比重、細胞数、線維素析出を考慮しても鑑別が困難な場合もあります。
・腹水:原因疾患によって蛋白含有量はかなり異なります。
非炎症性のものでは0.1~2.0g/dL、癌性では2.0~4.0g/dL、炎症性では4.0g/dL以上とされ、総蛋白量によりある程度原因疾患の鑑別が可能です。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常所見:うっ血性心不全、ネフローゼ症候群、肝硬変、結核、悪性腫瘍、炎症性疾患など

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数

注 釈 蛋白分画、総蛋白及びアルブミン(BCP改良法・BCG法)を併せて測定した場合は、主たるもの2つの所定点数を算定する。
包括など 生化学的検査(I)〔血液化学検査〕包括  
管理料,他 手術前医学管理料 手術後医学管理料 慢性維持透析患者外来医学管理料 

結果一覧へ戻る