臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

関節液糖定量

glucose, quantitative, synovial fluid 

分類 一般検査 - 穿刺液検査
検査コード 3188-000000
JLAC10 1Z015-0000-044-272-01 
検体量 関節液 1.0mL  採取容器 U2
保存条件 冷蔵  所要日数 1~4 
検査方法 ヘキソキナーゼ G-6-PDH法  基準値   
mg/dL
実施料 11点  判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 グルコース 

臨床的意義

・正常関節液での糖濃度は血糖値と類似しますが、炎症が増強すると白血球中の糖分解酵素や細菌の糖消費により糖濃度が減少します。
・関節液中の糖量は血糖と同様に日内変動を示すため、同時に血糖値も測定し比較する必要があります。
・一般に化膿性関節炎では、血糖値に比べ40mg/dL以上低値を示します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:関節リウマチ、化膿性関節炎、痛風、偽痛風など

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る