臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

真菌 培養同定

fungal culture and identification 

分類 微生物学的検査 - 真菌検査
検査コード 3464-000000
JLAC10 6B105-0000-099-742-11 
検体量 各種材料  採取容器 U2 T6
保存条件 冷蔵  所要日数 3~24 
検査方法 Clinical Microbiology Procedures Handbookなどに基づく方法に準拠  基準値   
実施料 細菌培養同定検査に準じる  判断料  

検体取扱・備考

微生物検査の検体採取および保存・輸送方法は参考資料をご参照ください。

臨床的意義

・真菌学的検査のゴールドスタンダードは真菌培養同定です。
・診断、治療法確定ならびに感染管理上、培養検査には頻回の検体提出、生検・剖検検体に対する培養施行、および培養菌株同定の徹底が行われなくてはなりません。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常所見:真菌感染症

検査値に影響を及ぼす要因

・既に抗真菌薬の投与がなされている場合には、培養同定できない場合あり

結果一覧へ戻る