臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

抗酸菌 分離培養  【酸素感受性蛍光センサー法(MGIT)】

primary isolation of mycobacteria 

分類 微生物学的検査 - 抗酸菌検査
検査コード 3506-000000
JLAC10 6B305-0000-099-747-11 
検体量 喀痰など  採取容器 T6 U2
保存条件 冷蔵  所要日数 ~46 
検査方法 酸素感受性蛍光センサー(MGIT)法  基準値   
実施料 280点  判断料 微生物学的検査(150点) 
保険収載名 抗酸菌分離培養(液体培地法) 

検体取扱・備考

陽性になり次第ご報告します。陰性は6週まで培養します。

微生物検査の検体採取および保存・輸送方法は参考資料をご参照ください。 

臨床的意義

・本検査は、喀痰などの検体について、抗酸菌の存在を疑う場合に、分離培養して抗酸菌の発育の有無を確認する検査です。検体からの抗酸菌の検出感度は塗抹鏡検より高く、また分離菌を用いて菌種の鑑別・同定や薬剤感受性検査なども行うことができます。
・本検査には、卵をベースとした小川培地を用いる方法と、液体培地を用いる方法(MGIT:酸素感受性蛍光センサー法)とがあります。
・小川培地法では、菌の発育に4~8 週を要するのに対して、液体培地法(MGIT)では菌の発育は迅速で長くて6週程度で検出でき、また、検出感度も小川培地に勝っています。
・ただし、液体培地では、菌量の測定ができないため、小川培地法との併用による検査が奨められています。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常所見:抗酸菌感染症

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数

注 釈 抗酸菌分離培養検査は、検体の採取部位が異なる場合であっても、同時に又は一連として検体を採取した場合は、1回のみ所定点数を算定する。

結核患者の退院の可否を判断する目的で、患者の症状を踏まえ頻回に行われる場合においても算定できる。

結果一覧へ戻る