臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

PIVKAII[腫瘍]

protein induced by vitamin K absence or antagonist-II 

分類 腫瘍関連検査 - 腫瘍関連検査
検査コード 4020-000000
JLAC10 5D520-0000-023-051-01 
検体量 血清 0.4mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 1~3 
検査方法 CLIA法  基準値 40 未満  
mAU/mL
実施料 139点  判断料 生化学的検査(Ⅱ)(144点) 
保険収載名 PIVKA-Ⅱ定量 

参考資料

腫瘍関連マーカーの臨床的有用性       

臨床的意義

・血液凝固因子のうち第Ⅱ、Ⅶ、Ⅸ、Ⅹ因子は肝臓で産生されますが、このときにビタミンKが必要です。ビタミンKが欠乏すると、機能をもたないまま血中に産生されます。
・これらの異常血液凝固因子を総称して、PIVKA(protein induced by vitamin K absence or antagonist)と呼び、このうち血液凝固第Ⅱ因子の異常体をPIVKA-Ⅱと呼びます。
・ ビタミンKが欠乏している時には正常肝細胞でも産生されますが、肝細胞がんの多くは正常な凝固因子を作れず、PIVKA-Ⅱを産生することがわかりました。
・この性質を利用して、肝細胞がんを診断する目的でPIVKA-Ⅱを測定します。
・肝細胞がんを疑う場合、PIVKA-Ⅱ、AFPは肝細胞癌において測定値が相関せず、組み合わせ測定することで陽性率が向上します。

異常値を示す主な疾患・状態

・陽性:肝細胞癌
・偽陽性:肝硬変、慢性肝炎、その他の癌(3~10%)、肝外性閉塞性黄疸(25%)、肝内胆汁うっ滞(35%)

検査値に影響を及ぼす要因

・ワーファリン、セフェム系抗生物質、抗結核薬の投与で高値傾向

保険点数

注 釈 悪性腫瘍の診断が確定した場合であっても、次に掲げる場合においては、悪性腫瘍特異物質治療管理料とは別に腫瘍マーカーの検査料を算定できる。
肝硬変、HBs抗原陽性の慢性肝炎又はHCV抗体陽性の慢性肝炎の患者について、α-フェトプロテイン(AFP)又はPIVKA-II半定量又は定量を行った場合。(月1回に限る)

包括など 生化学的検査(II)〔腫瘍マーカー〕包括  
管理料,他 悪性腫瘍特異物質治療管理料   

結果一覧へ戻る