臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

ヘリコバクター・ピロリ抗原 便中

Helicobacter pylori antigen, stool 

分類 免疫血清学的検査 - 感染症関連検査
検査コード 5731-000000
JLAC10 5E068-0000-015-023-11 
検体量 糞便  採取容器 K9
保存条件 冷蔵  所要日数 2~6 
検査方法 EIA法  基準値 陰性  
実施料 142点  判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 ヘリコバクター・ピロリ抗原定性 

臨床的意義

・消化性潰瘍(胃潰瘍と十二指腸潰瘍)の大半は、ヘリコバクター・ピロリ感染によることがわかっています。このために、消化性潰瘍の治療に当たっては、ヘリコバクター・ピロリの感染診断と除菌治療後の結果確認のために、その存在を確認する検査が必要です。
・そのための検査には主に下記の6種類があります。それぞれ特徴があり、場合に応じて適切なものを選択して実施します。
①迅速ウレアーゼ試験
②鏡検法
③培養法
④尿素呼気試験
⑤抗ヘリコバクター・ピロリ抗体測定
⑥便中ヘリコバクター・ピロリ抗原測定
・特に、除菌治療後の確認のための検査には、尿素呼気試験あるいは便中抗原が有用であるとされています。(日本ヘリコバクター学会ガイドライン2009 より)

異常値を示す主な疾患・状態

・異常値:ヘリコバクター・ピロリ感染症

検査値に影響を及ぼす要因

・除菌治療終了直後、ないし、静菌作用のある薬剤を服用している場合、偽陰性になる可能性あり

保険点数

注 釈 ヘリコバクター・ピロリ抗体、ヘリコバクター・ピロリ抗体、糞便中ヘリコバクター・ピロリ抗原、迅速ウレアーゼ試験、尿素呼気試験について
当該検査を含むヘリコバクター・ピロリ感染診断の保険診療上の取扱いについては「ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについて」(平成12年10月31日保険発第180号)に即して行うこと。

「ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについて」は、参考資料をご参照ください。

結果一覧へ戻る