臨床検査項目の検索結果

HLA-DNAタイピング C

HLA-DNA typing C 

分類 免疫血清学的検査 - 主要組織適合性抗原

検査コード 5868-000000
JLAC10 5K118-0000-019-865-49 
検体量 全血 2.0mL  採取容器 E1
保存条件 冷蔵  所要日数 9~11 
検査方法 PCR-SBT法  基準値    
実施料 0点 判断料 なし 

検体取扱・備考

[出検時の注意]
採血当日中にご出検ください。
受付曜日:月~木。休日の前日・前々日は受付不可。

検査依頼書に続柄・臨床診断名・投与薬剤名・輸血歴・移植歴を必ず明記してください。

HLA検査2項目以上の同時依頼の場合は血液2.0mLで検査可能。

HLA検査以外の項目との重複依頼は不可。

本検査方法ではコンタミネーションの影響がより大きくなりますので、検体採取にあたっては取り扱いに十分ご注意ください。
受給者の場合、化学療法などにより細胞数が減少し、DNAが回収できない場合がありますので細胞数2×106個を最低限としてご提出ください。白血球数(WBC)1000/μLを下回る受給者の場合は血液2.0mL(E1容器)2本以上、または血液7.0mL(E1容器)をご提出ください。

参考資料

HLAタイピングの種類        

臨床的意義

・HLA抗原(ヒト白血球抗原)は、すべての健常人に認められ、自己(自分)と非自己(他人)を識別するための遺伝子マーカーです。
・移植、輸血、妊娠などの同種免疫、各種疾患との相関性や法医学、人類遺伝学の研究にも利用されています。
・2つのクラスに大別され、クラスⅠ(HLA-A、B、C抗原)は、ほとんどすべての有核細胞上にあり、クラスⅡ(HLA-DR、DQ、DP 抗原)は、マクロファージ、B細胞、活性化T細胞など一部の細胞に発現しています。

異常値を示す主な疾患・状態

・HLAと相関する主な疾患:
HLA-B27(強直性脊椎炎)
HLA-B51(ベーチェット病)
HLA-B52(高安病)
HLA-Cw6(尋常性乾癬)
HLA-DR4(関節リウマチ、1 型糖尿病、インスリン自己抗体症候群)
HLA-DR15(SLE、特発性腎症、潰瘍性大腸炎、ハンセン病)
HLA-DR53(橋本病)

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし