臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

BNP(ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド)

human brain natriuretic peptide 

分類 内分泌学的検査 - その他
検査コード 6011-000000
JLAC10 4Z271-0000-022-051-01 
検体量 血漿 0.4mL  採取容器 E1
保存条件 凍結  所要日数 1~3 
検査方法 CLIA法  基準値 18.4 以下  
pg/mL
実施料 136点  判断料 生化学的検査(Ⅱ)(144点) 
保険収載名 脳性Na利尿ペプチド(BNP) 

検体取扱・備考

注)関東圏・東海圏・中四国圏・九州圏(沖縄圏を除く)では、コード:6825にて受託しております。

溶血により低値傾向を示します。

臨床的意義

・BNPは、主に心室から分泌されるホルモンです。
・利尿作用、血管弛緩、レニン・アルドステロン分泌抑制、循環血漿量減少、血管平滑筋、心筋の肥大や増殖の抑制作用をを有しています。
・心室・心房への負荷に対して合成・分泌して、負荷を軽減させて心臓のポンプ機能を改善し、循環を維持します。
・ 健常者のBNPは極めて低値ですが、心室負荷や心筋肥大、心筋虚血などにより高値となります。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:慢性心不全、慢性腎不全、本態性高血圧症、心筋症、心肥大、急性心筋梗塞

検査値に影響を及ぼす要因

・体液量に影響を及ぼす薬剤(利尿剤など)、食塩摂取量などの影響を受ける

保険点数

注 釈 ア 脳性Na利尿ペプチド(BNP)は、心不全の診断又は病態把握のために実施した場合に月1回に限り算定する。

イ 脳性Na利尿ペプチド(BNP)、「178」の脳性Na利尿ペプチド前駆体N端フラグメント(NT-proBNP)及び「43」の心房性Na利尿ペプチド(ANP)のうち2項目以上をいずれかの検査を行った日から起算して1週間以内に併せて実施した場合は、主たるもの1つに限り算定する。

ウ 脳性Na利尿ペプチド(BNP)、脳性Na利尿ペプチド前駆体N端フラグメント(NT-proBNP)及び心房性Na利尿ペプチド(ANP)のうち2項目以上を実施した場合は、各々の検査の実施日を「摘要」欄に記載する。
包括など 生化学的検査(II)〔内分泌学的検査〕包括  
管理料,他 慢性維持透析患者外来医学管理料   

結果一覧へ戻る