臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

抗筋特異的チロシンキナーゼ抗体(抗MuSK抗体)

muscle-specific receptor tirosin kinase antibody 

分類 免疫血清学的検査 - 自己免疫関連検査
検査コード 7118-000000
JLAC10 5G386-0000-023-007-01 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 5~12 
検査方法 RIA法  基準値 0.02 未満  
nmol/L
実施料 1000点  判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 抗筋特異的チロシンキナーゼ抗体 

臨床的意義

・抗筋特異的チロシンキナーゼ抗体(抗MuSK抗体)は、重症筋無力症(MG)の15%前後に認められる自己抗体です。健常者、他の自己免疫疾患、神経疾患及びMGの大半を占める抗アセチルコリンレセプター抗体(抗AChR抗体)陽性の患者からは検出されませんが、陰性の患者からは検出されます。検出される抗体によりそれぞれ臨床像や治療法が異なるため、早期の鑑別診断が重要であるとされています。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:重症筋無力症

検査値に影響を及ぼす要因

特になし

保険点数

注 釈 ア 重抗筋特異的チロシンキナーゼ抗体は、RIA法により重症筋無力症の診断又は診断後の経過観察を目的として測定した場合に算定できる。

イ 抗筋特異的チロシンキナーゼ抗体と抗アセチルコリンレセプター抗体(抗AChR抗体)を併せて測定した場合は、主たるもののみ算定する。

結果一覧へ戻る