臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

25-OH-ビタミンD

25 hydroxy vitamin D 

分類 生化学的検査 - ビタミン検査
検査コード 1560-000000
JLAC10 3G065-0000-023-051-01 
検体量 血清 0.5mL  採取容器 A1
保存条件 必凍  所要日数 4~10 
検査方法 CLIA法  基準値   
ng/mL
実施料 400点  判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 25-ヒドロキシビタミンD 

検体取扱・備考

[検体採取上の注意]
他項目との重複依頼は避けてください。 

臨床的意義

ビタミンDは、腸管でのカルシウム吸収や骨代謝に関して重要な役割を担っている脂溶性ビタミンの一つです。ビタミンDが体内に入ると、大部分は25-ヒドロキシビタミンDに代謝され、血中で長時間循環するためビタミンDの過不足の指標となります。
本検査は、25-ヒドロキシビタミンDの総量を測定するものであり、ビタミンD欠乏性くる病や骨軟化症におけるビタミンDの欠乏状態を把握することが可能です。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常低値:ビタミンD欠乏性くる病、ビタミンD欠乏性骨軟化症

検査値に影響を及ぼす要因

・総合ビタミン薬(ビタミンD を含む)などの服用

保険点数

注 釈 25-ヒドロキシビタミンDは、CLIA法又はCLIEA法により、ビタミンD欠乏症性くる病若しくはビタミンD欠乏性骨軟化症の診断時又はそれらの疾患に対する治療中に測定した場合にのみ算定できる。ただし、診断時においては1回を限度とし、その後は3月に1回を限度として算定する。

結果一覧へ戻る