臨床検査項目の検索結果

マンガン(Mn) 血清

manganese, serum 

分類 生化学的検査 - 金属検査

検査コード 0408-000000
JLAC10 3K125-0000-023-274-01 
検体量 血清 0.5mL  採取容器 A4
保存条件 冷蔵  所要日数 8~14 
検査方法 原子吸光法  基準値 0.7 以下    
μg/dL
実施料 27点 判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 マンガン(Mn) 

臨床的意義

・マンガンは、必須微量金属の1つで、ある種の酵素の構成成分であるほか、多くの酵素の活性発現に関与しています。
・しかし、高濃度のマンガンは生体にとって毒性を持ちマンガン中毒を起こします。
・全血中のマンガン濃度の測定は、マンガン作業者の特殊健康診断で医師が必要と認めた場合に測定されます。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:マンガン中毒、マンガン作業者、急性腎不全、透析、肝炎、肝硬変
・異常低値:中心静脈栄養、慢性腎不全、筋萎縮性側索硬化症

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数

注 釈 マンガン(Mn)は、1月以上(胆汁排泄能の低下している患者については2週間以上)高カロリー静脈栄養法が行われている患者に対して、3月に1回に限り算定することができる。

包括など 生化学的検査(I)〔血液化学検査〕包括