臨床検査項目の検索結果

梅毒定性 FTA-ABS法 IgM

fluorescent treponemal antibody absorption test-immunoglobulin M, qualitative 

分類 免疫血清学的検査 - 感染症関連検査

検査コード 1403-000000
JLAC10 5E080-1351-023-161-51 
検体量 血清 0.5mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 5~9 
検査方法 FA法  基準値 判定基準:   基準値関連  
実施料 0点 判断料 なし 

検体取扱・備考

TP抗原に対する検査

梅毒検査一覧は別表をご参照ください。

報告形態
コード1730:5倍希釈
コード1731:20倍希釈
血清希釈倍数5倍と20倍の蛍光輝度(-、±、1+、2+)を報告致します。

参考資料

臨床的意義

・梅毒反応には、大別してRPR法に代表される「脂質抗原検査(STS)」とTPHA法に代表される「TP抗原に対する検査」の2種類に分類されます。
・脂質抗原検査(STS)は、梅毒感染の機会から約2週間後から上昇し、12週までに全例が陽性になるといわれ、適切な治療が施されると陰性化します。
・TP抗原に対する検査では、治療後も陽性が持続します。
・また、脂質抗原検査(STS)には、各種の感染症や膠原病など偽陽性を示す主な疾患・状態や状態があり、BFP(生物学的偽陽性)と呼んでいます。
・TP抗原に対する検査では、BFPはありません。

異常値を示す主な疾患・状態

梅毒

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし