臨床検査項目の検索結果

リンパ球幼若化試験 Con-A

lymphocyte blast transformation test induced by comcanavalin A 

分類 免疫血清学的検査 - リンパ球幼若化試験

検査コード 2053-000000
JLAC10 5I011-0000-019-814-49 
検体量 全血 5.0mL  採取容器 H1
保存条件 常温  所要日数 10~12 
検査方法 3H-サイミジン取り込み能  基準値 Con-A+ :20300~65700
CONTROL: 127~456    
cpm
実施料 345点 判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 リンパ球刺激試験(LST) イ 1薬剤 

検体取扱・備考

[予約検査]
受付曜日:月~金。休日の前日は受付できません。
事前にご連絡ください。搬入時間はご確認ください。

[検体取扱い上の注意]
採血当日中にご出検ください。

[出検時の注意]
他の項目との重複依頼は避けてください。
リンパ球が少ない場合は多めに採血してください。

PHAとCon-Aの同時依頼の場合は、全血8.0mLが必要。 

臨床的意義

・リンパ球幼弱化試験は、リンパ球の免疫能検査の1つで、マイトジェンという非特異的刺激物質を加えて培養すると、リンパ球が幼弱化する現象を調べるものです。
・リンパ球幼弱化試験には、マイトジェンとしてインゲン豆から抽出したPHA、タチナタ豆から抽出したCon-Aなどが一般的に用いられます。
・PHAとCon-Aは、ヒトリンパ球のT細胞のみを活性化します。
・ いずれのマイトジェンもCD4陽性細胞とCD8陽性細胞の両方を活性化しますが、PHAはCD4陽性細胞をより強く活性化し、Con-AはCD8陽性細胞をより活性化します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常低値:原発性免疫不全症(重症複合免疫不全、ダイ-ジョージ症候群、ウィスコット-アルドリッチ症候群、ataxia telangiectasia、ネゼロフ症候群など)、続発性免疫不全症(自己免疫疾患、悪性腫瘍、血液疾患)、感染症(AIDS、サイトメガロウイルス感染症、麻疹、風疹、ヘルペス感染症、トリパノソーマ感染症、結核、ハンセン病、マイコプラズマ感染症、水痘など)、薬剤(副腎皮質ホルモン、免疫抑制剤、抗腫瘍薬などの投与)、その他(腎不全、ネフローゼ症候群、ダウン症候群、妊娠、老化など)

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数

注 釈 リンパ球刺激試験(LST)は、Con-A、PHA又は薬疹の被疑医薬品によるものである。