臨床検査項目の検索結果

TSH刺激性レセプター抗体(TSAb)

thyroid stimulating antibody 

分類 内分泌学的検査 - 甲状腺機能検査

検査コード 2385-000000
JLAC10 5G300-0000-023-025-01 
検体量 血清 0.8mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 5~8 
検査方法 Bioassay EIA法  基準値 120 以下    
実施料 340点 判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 甲状腺刺激抗体(TSAb) 

臨床的意義

・TSH刺激性レセプター抗体は、Basedow 病の原因である甲状腺刺激活性を有する自己抗体を測定する検査です。
・Basedow 病の病態については、TSHレセプター抗体よりもよく反映します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:Basedow 病、甲状腺眼症、橋本病

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数

注 釈 TSHレセプター抗体(TRAb)と甲状腺刺激抗体(TSAb)を同時に行った場合は、いずれか一方のみ算定する。