臨床検査項目の検索結果

尿中Ⅳ型コラーゲン

collagen type IV, urine 

分類 免疫血清学的検査 - 血漿蛋白関連検査

検査コード 3974-000000
JLAC10 5C134-0000-001-023-28 
検体量 尿(早朝一番尿) 5.0mL  採取容器 U10
保存条件 冷蔵  所要日数 5~12 
検査方法 EIA法  基準値 30歳代 :4.0 以下
40歳以上:4.9 以下    
μg/g・CRE
実施料 184点 判断料 尿・糞便等検査(34点) 
保険収載名 Ⅳ型コラーゲン(尿) 

検体取扱・備考

[検体採取上の注意]
早朝一番尿を採取し、よく混和させて冷蔵保存してください(検体は凍結しないでください)。

随時尿による参考基準値(健常人)は、7.3 μg/g・CRE 以下と報告されています。 

臨床的意義

・Ⅳ型コラーゲンは、糸球体をはじめ、腎臓のほとんどの部位に存在しています。
・尿中へのⅣ型コラーゲンの排泄量は、糸球体基底膜代謝の状況を特異的に反映します。
・尿アルブミン・尿中マイクロトランスフェリンより早期から腎障害を反映します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:糖尿病性腎症が近い将来に顕性化する可能性が高い

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数

注 釈 トランスフェリン(尿)、アルブミン定量(尿)及びIV型コラーゲン(尿)は、糖尿病又は糖尿病性早期腎症患者であって微量アルブミン尿を疑うもの(糖尿病性腎症第1期又は第2期のものに限る)に対して行った場合に、3か月に1回に限り算定できる。なお、これらを同時に行った場合は、主たるもののみ算定する。