臨床検査項目の検索結果

抗トリコスポロン・アサヒ抗体

anti-Trichosporon asahii antibody 

分類 免疫血清学的検査 - 感染症関連検査

検査コード 7796-000000
JLAC10 5E154-0000-023-023-11 
検体量 血清 0.3mL  採取容器 A1
保存条件 必凍  所要日数 10~20 
検査方法 ELISA法  基準値 0.15 未満 陰性    
CAI
実施料 847点 判断料 免疫学的検査(144点) 
保険収載名 抗トリコスポロン・アサヒ抗体 

検体取扱・備考

[報告形態]コード7796:判定、コード7797:CAI
CAI:Corrected Absorbance Index(補正吸光度)

[判定基準]
陰性:0.15未満
判定保留:0.15~0.30未満
陽性:0.30以上

臨床的意義

・真菌属の一種であるトリコスポロンを日常的に吸い込むことで発症する「夏型過敏性肺炎」は、アレルギー性肺疾患で、日本の過敏性肺炎の約75%を占めます。トリコスポロンは高温多湿の環境を好むため、7月をピークとした夏季に多く発症します。慢性化すると呼吸不全に陥ることもあり、早期診断が必要です。
・本項目は夏型過敏性肺炎の主要な原因抗原であるトリコスポロン・アサヒに対する抗体をELISA法にて検出します。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常値:夏型過敏性肺炎

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

保険点数

注 釈 ア 抗トリコスポロン・アサヒ抗体は、ELISA 法により、夏型過敏性肺炎の鑑別診断を目的として測定した場合に算定できる。なお、鑑別診断目的の対象患者は、厚生省特定疾患びまん性肺疾患調査研究班による「過敏性肺炎の診断の手引きと診断基準」により、夏型過敏性肺炎が疑われる患者とする。