臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

脂肪酸分画(24成分)

fatty acid fracitionation 

分類 生化学的検査 - 脂質関連検査
検査コード 0313-000000
JLAC10 3F095-0000-023-202-49 
検体量 血清 0.5mL  採取容器 A1
保存条件 冷蔵  所要日数 13~18 
検査方法 GC法  基準値  基準値関連 
実施料 417点  判断料 生化学的検査(Ⅱ)(144点) 
保険収載名 脂肪酸分画 

検体取扱・備考

 

臨床的意義

・食事中に含まれる脂肪酸は、リノール酸を代表とするω(オメガ)6 系と、α-リノレン酸を代表とするω3 系に大別されます。ω6、ω3 系は必須脂肪酸です。必須脂肪酸欠乏状態においては、リノール酸・アラキドン酸・その他のω6 系が減少し、オレイン酸・エイコサトリエン酸が増量します。このため、エイコサトリエン酸とアラキドン酸の比(T/T比)は必須脂肪酸欠乏の指標となります。
・また、出血性疾患でω3 系、血栓性疾患でω6 系が高値を示し、エイコサペンタエン酸(EPA:ω3 系の1つ)とアラキドン酸(AA:ω6 系の1つ)の比(EPA/AA比)を見ることにより、出血性疾患、血栓症の診断に役立ちます。

異常値を示す主な疾患・状態

・T/T比高値:必須脂肪酸欠乏
・EPA/AA比高値:出血性疾患
・EPA/AA比低値:血栓性疾患

検査値に影響を及ぼす要因

・特になし

結果一覧へ戻る