臨床検査項目を検索

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • い
  • き
  • し
  • ち
  • に
  • ひ
  • み
  • り
  • う
  • く
  • す
  • つ
  • ぬ
  • ふ
  • む
  • ゆ
  • る
  • え
  • け
  • せ
  • て
  • ね
  • へ
  • め
  • れ
  • お
  • こ
  • そ
  • と
  • の
  • ほ
  • も
  • よ
  • ろ
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • α
  • β
  • γ
  • δ

臨床検査項目の検索結果

ビタミンC(アスコルビン酸)

vitamin C (ascorbic acid) 

分類 生化学的検査 - ビタミン検査
検査コード 0616-000000
JLAC10 3G060-0000-031-204-01 
検体量 除蛋白上清液 0.5mL  採取容器 O
保存条件 必凍  所要日数 5~8 
検査方法 HPLC法  基準値 (血清中)
5.5~16.8  
μg/mL
実施料 314点  判断料 生化学的検査(Ⅰ)(144点) 
保険収載名 ビタミンC 

検体取扱・備考

[検体取扱い上の注意]
血液をA1容器に採取し速やかに遠心分離後、血清0.5mLを正確にO容器に移し替え転倒混和。その後再度遠心分離してその上清をA2容器に移し替えて遮光し、凍結保存してご提出ください。 
検体の採取方法は別表をご参照ください。

臨床的意義

・ビタミンCは、水溶性ビタミンの1つで、生体内の種々な酸化還元反応に関与し、また、免疫増強作用にも関与するとされています。
・果実や野菜に多く含まれ、食事として体内に入り小腸から吸収され、広く組織に分布しています。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:ビタミンC 剤投与
・異常低値:壊血病、メーラー・バーロウ病

検査値に影響を及ぼす要因

・室温・冷蔵で低値となるため、遮光・凍結保存する

結果一覧へ戻る