グループの事業内容 FALCO Group Business.

臨床検査事業

初めてご利用される皆様へ

当社では、人体由来の材料を用いた検査については、全て医療機関との受委託契約や関連法規に基づいて実施しています。従いまして、個人・一般からの検査受付や、患者様ご本人からの検査結果に関するお問合せなどについてはお答えすることができません。あしからずご了承ください。

当社のホームページでは、各検査項目の基準値、対応疾患名、結果の解釈などについて、一般的なケースを掲載していますが、これらは年齢、性別、食習慣などの違いによって、判断が異なってまいります。従いまして、検査結果の判断や今後の治療方針などについては、必ず主治医もしくは専門医にご相談ください。

日本衛生検査所協会では、検査会社間の施設間誤差を解消するため、定期的な精度管理調査や基準値の統一化などを推進していますが、項目によっては測定法や分析機の違いによって多少異なる場合がありますのでご注意ください。

特定感染症患者の検体受託について

弊社の受託体制ならびに感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)等により、下記に該当する検体(確定、疑似症、無症状病原体保有者)については、受託することが出来ませんので、予めご了承ください。

【特定感染症】

1類感染症(平成27年1月21日現在)
・エボラ出血熱
・クリミア・コンゴ出血熱
・痘そう
・南米出血熱
・ペスト
・マールブルグ病
・ラッサ熱

重症急性呼吸器症候群(SARS)

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)